CNJプロジェクト

配送員設置 ラファエル・パラシオス ソルテ・オー・ソロ [2016]750ml-白ワイン

CNJプロジェクト


速報!過去最高の評価!ワインアドヴォケイト98ポイント獲得!!

世界レベルのエレガントなワインで、スペイン最高峰の白ワインのうちの1つだ!
マダム・ルロワも、「まるで自分のピュリニー・モンラッシェを飲んでいるようだ」と絶賛!

品種:ゴデーリョ100%
栽培地域:バリェ・デル・ビベイ、サンタ・クルス・ド・ボロ
土壌:削剥された花崗岩の重い砂質
地形:テラス式の丘、緩やかに傾斜,南西向き
標高:720m
気候:大西洋の影響を受ける大陸性気候
降雨量:年間350mm
ブドウの平均樹齢:41年
※整枝法:コルドン・ロヤとゴブレ
収量:1ヘクタールあたり24ヘクトリットル

わずか0.47ヘクタールの単一畑“オ・ソロ”(標高720メートル、南西向き)で、作柄の優良年に限り造られるパラシオスの最新キュヴェ。2009年に試作したワインがワイン・アドヴォケイトで91点を獲得した。2011年は待望のファースト・ヴィンテージに当る。樹齢39年、バイオダイナミックで栽培されたゴデーリョの収量は、驚きの24ヘクトリットル 樽発酵の後、シュール・リーの状態で8ヶ月熟成。

総生産本数2,680本のパラシオス自身がずっと造りたかった最高の白ワイン。

非常に気品が高く、タンジェリン・オレンジの皮、木蓮の花のアロマの特徴がある。柔らかなミネラルがあり、とても繊細で優雅だ。口内でも飛び切り豪華で、仰天するほどの酸と驚愕のバランスを感じる。

(当主ラファエルのコメント)
『私のワインはスペイン国内のすべての星付きレストランでサービスされている。とても誇りに思う。
ドメーヌ・ルフレーヴ当主が、スペイン旅行中に三ツ星レストランでソルテ・オー・ソロをオーダーし、「これほどまでに私のピュリニー・モンラシェに類似しているワインに初めて出会った。」と直接メールが届き、メゾン・シャプティエも、スペイン旅行中に、私のワインを飲み感激して蔵元に訪問してくれた。
マダム・ルロワも、「まるで自分のピュリニー・モンラッシェを飲んでいるようだ」と絶賛してくれた。
トップ・シェフたちが私のワインを気に入ってくれて、おすすめしてくれているのでとても嬉しいです。』

ワインアドヴォケイト:98ポイント
Reviewed by Luis Gutierrez Issue Date 1st Mar 2019Source Issue 241 End of February 2019, The Wine Advocate Drink Date2019 - 2031
私は2016年のソルテ・オー・ソロに大きな期待を寄せていた。スペインの酒精強化されていないモダンな白ワインで私のお気に入りのひとつ。ここ数年でワインは正確さを増し、私はこのオー・ソロがどの方向に進んでいくのか興味を持っていた。標高710m、北向き花崗岩砂地の半円形単一区画に、1978年に植えられたゴデーリョの古木に由来する。ブドウ畑は有機栽培で、デメテールの認証申請中。土着酵母を用い500リットルのオーク新樽で発酵され、同じ樽で7ヶ月シュール・リー熟成されている。しかながら嗅覚にも味覚にもオークを感じることはなく、心地よい香りと繊細でエレガントな白い花のアロマに、花崗岩の冷涼さがある。ヴィンテージ2014のアップデート版ともいえるような、絹のようでエレガントであると同時に、刺激的で持続するフレーヴァー。アフターに強い塩味の感覚があり、それらが口内に非常に長い時間持続する。活気に満ち、エレクトリックで凝縮し、壮麗かつ高貴で、高い純度を備えている。これはスペインで生産される最高級の白ワインのひとつだ。これは夢の権化だ。

★ミシュラン3つ星(全9店舗中9店舗でオン・リオト)
・アル・サリェー・ダ・カン・ロカ(ジローナ) ・アケラレ (ギプスコア) ・アルサック(ギプスコア) ・マルティン・ベラサテギ(ギプスコア) ・アズルメンディ(ビスカヤ) ・キケ・ダコスタ(アリカンテ)・サンセローニ(マドリード) ・ディベルショ(マドリード) ・サンパウ(バルセロナ)

★ミシュラン2つ星(全23店舗中23店舗でオン・リスト、一部抜粋して記載)
・ムガリッツ(ギプスコア) ・アトリオ(カセレス)  ・ラ・テラサ・デル・カシノ(マドリード) ・カリマ(マラガ)・ラモン フレイシャ(マドリード) ・カサ・マルシアル(アストゥリアス)他多数


キャンサーチャンネル
イベント情報